フィルターの追加|ビデオスタジオx7使い方

フィルターの追加・削除|ビデオスタジオx7使い方

フィルターの追加と削除について説明します
まず、フィルターの追加に関して説明します
YouTube Preview Image
フィルターを追加することができます
レンズフレアを適応させたまま、その素材をモノクロにしたり
デュオトーンを加えながらモザイク処理を施したりと、追加することができます

ここでは、「雨」フィルターを施した素材に「レンズフレア」フィルターを追加することでフィルターを重ねていきたいと思います

タイムラインウィンドウに[メディア]-[サンプル]から「SP-V16.wmv」を配置します
filter01
次に[FX]と書いてあるフィルターツールをクリックし、その中から「雨」フィルターを選び、先ほどタイムラインウィンドウに配置した「SP-V16.wmv」へドラック&ドロップします。
filter-change01

タイムラインウィンドウに配置してある「SP-V16.wmv」をダブルクリックすると
【属性】のウィンドウが開きフィルターの中に「雨」というフィルターが挿入されたことが確認されます
filter-change02
ここで、「最後に使用したフィルターを置き換える」にチェックマークが入っている場合、外してください
filter-change04
続けて、[FX]と書いてあるフィルターツールに戻り、「レンズフレア」フィルターを選び、先ほどタイムラインウィンドウに配置した「SP-V16.wmv」へドラック&ドロップします。
filter-change03

繰り返しになりますが、
タイムラインウィンドウに配置してある「SP-V16.wmv」をダブルクリックすると
【属性】のウィンドウが開きます。
そこには、先ほど挿入した「雨」というフィルターの下に「レンズフレア」フィルターが挿入されたことが確認されます
filter-change05
この操作を繰り返すことで、複数のフィルターを重ねて表現することができます。

動画解説

YouTube Preview Image

≪前のページへ|フィルター挿入

次のページへ|フィルターの削除≫

ページ一覧